新会社法について

日本にはたくさんの法律があります。そのひとつに、2005年6月29日に成立し、2006年5月に施行された新会社法という法律があります。
この新会社法という法律は、会社の設立から業務上でのルールなどをひとつにまとめています。

○会社設立に必要になる最低資本金の低下

新会社法が施行されるまでは、株式会社を設立するとなると1000万円以上、有限会社の場合は300万円の資本金が必要とされていました。
そして利用する制度によっては、増資が必要になることもあり、会社を設立させるためにはたくさんの資金が必要でした。
会社設立という夢を持っていても資金不足で諦められていた方もたくさんいらっしゃるでしょう。
新会社法が施行されている現代では増資をする必要がなくなり、設立時にかかる最低資本金が1円からでも可能になったのです。

○取締役が1人でも可能

新会社法が施行されるまでは、取締役を3人選び代表取締役と監査人を選んでいた状態でした。
新会社法が施行されたことによって、取締役が1人でも会社を設立することができるようになったのです。

○有限会社の廃止

有限会社法は新会社法に統合されことによって、有限会社が廃止になりました。
すでに設立されている有限会社はそのままでも問題ありませんが、有限会社の設立ができなくなった現代では、有限会社という看板を見ることで、昔からある会社というイメージに変わっていくのでしょう。

ページの先頭へ 



このほかにも新会社法で定められたことはたくさんあります。
これから会社設立をご検討されている方は、『会社設立なんでもサポート』にご相談ください。
税理士や司法書士など専門スタッフがいますので、節税対策についてもしっかりとサポートさせて頂きます。
千代田区、秋葉原、神田周辺で会社設立に関することはお任せください。