会社形態の特徴

事業を始めるために会社設立をするのなら、会社の形態を決めなければなりません。
新会社法に基づき、「株式会社」「合資会社」「合名会社」「合同会社」の4つの形態の選択肢があります。
設立後であっても変更することは可能ですが、取引先との信用度にも繋がりますので、将来性を見越した上で会社形態を決めるようにしましょう。

○株式会社

株式を発行して投資家の方々に出資を行ってもらい、多額の資金を集めて成り立つ会社形態です。
経営は出資者が選任した取締役が行うのが一般的です。新会社法施行前は、会社としての社会的な信用性も高く、ネームバリューもあるというメリットを有していました。

○合資会社

直接有限責任と無限責任の両方で構成される会社形態で、他の形態が1人からでも会社設立が可能なのに対し、合資会社は最低でも2人以上の社員が必要です。
直接有限責任は、出資金に関しては限度額の範囲内で責任が課せられるのですが、債権に関しては無限で責任を負わなければならないと定められています。

○合名会社

以前は、2人以上でなければ会社設立はできなかったのですが、法改正に伴い1人でも設立できることが認められました。
しかし、無限責任の会社形態ですので連帯責任で債権を支払わなければいけません。
そのため合資会社も合名会社も、万が一、会社が倒産してしまったなどの不測の事態の時には、負債を全て返済しなければならない義務があります。
合名会社・合資会社はリスクも伴うため、格安な資金で会社設立が可能となっております。

○合同会社

新会社法によって定められた新しい会社形態で、様々なメリットがありますので、現在、会社を設立しようと考えている起業家の方々に注目されております。
合同会社の概要や特徴は、スタッフブログで詳しくご紹介しておりますのでご覧になってみてください。

ページの先頭へ 



千代田区(秋葉原・神田・飯田橋)エリアを中心に対応している『会社設立なんでもサポート』では、税理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士などの会社設立のスペシャリストによって、あなたの企業をサポートさせ頂きます。
会社設立の流れや届出書類、費用など様々な悩みに的確なアドバイスをいたします。