• ホーム
  • 会社を設立するタイミング
 


会社を設立するタイミング

新しい事業を始めたいとき、または個人事業主が法人化したいときなどには、会社の設立を目指します。 しかし、会社を設立するというのは、とても大きなことです。

安易な起業は、ビジネスのスタートが上手く切れなかったり、軌道に乗っていたビジネスを破綻させてしまう原因になりかねません。 そうならないためにも、会社を設立するタイミングを知っておきましょう。

○ビジネスが伸びたとき

個人事業主で始めていたビジネスが軌道に乗り、ある程度の利益が見込めるようになったときは、会社設立のタイミングです。一般的には、年間の利益が1000万円以上見込める場合が目安とされていて、節税対策にもなります。

○共同出資でビジネスを行うとき

複数人が共同で出資してビジネスを行うことになったら、会社を設立した方が確実です。 個人事業としてもできなくはないですが、株式会社の形態の方が出資した金額を明確にすることができ、後々のトラブルを回避することができます。

○ビジネス上の関係で法人が求められるとき

ビジネス上の取引相手が、取引条件として法人であることを挙げているケースは多々あります。 ビジネスにおいて、個人と法人では信用度に差があり、取引をするのなら法人を選ぶという企業がほとんどです。

そのため、安定して収入を得ていた個人事業主が顧客から法人化を求められたことをきっかけに会社を設立することもあります。

ページの先頭へ 



これらのタイミングを見極めて、会社設立を目指してみてください。

『会社設立なんでもサポート』では、千代田区の飯田橋、神田、秋葉原にて会社設立を目指す方を中心に、会社設立前の準備段階から設立後の会社運営にいたるまで、トータルでサポートいたします。

財務整理から節税対策、人事労務や助成金など、会社を運営していく上で必要になることの疑問や悩みをお持ちでしたら、お気軽にご相談ください。