経営者の心得について

新しいビジネスモデルを考え出したり、夢を叶えるために、会社設立を検討している方が年々増えてきています。

会社を設立するということは、経営者として新しい一歩を踏み出すということです。 その道のりは、決して楽なことばかりではないでしょう。 諦めず、投げず、会社を大きくしていけるように、知っておきたい心得を3つご紹介します。

○何に時間を使うのか、時間配分を考える

会社を設立したばかりでは従業員も少なく、経営者自らがやらなければいけない作業も数多くあります。 最近では個人で起業する方も増えているので、如何に時間を使うのかという点がとても大切なものになります。

例えば、会社のマイナス改善ばかりに時間を使った場合、会社の強みであるサービスを伸ばすことが遅れ、後から参入したライバルに顧客を取られてしまうということにもなりかねません。 会社を成長させるために、何に時間を使うことが最善なのかということをよく考えるようにしましょう。

○ビジネスには、アイデアと利益の両方が必要

いくら画期的なアイデアがあったとしても、利益がなければビジネスとして成立しません。

優秀なアイデアをいくつも生み出せる人=「良い経営者」なのではなく、アイデアを市場にマッチさせてビジネスとして発展させることが上手な人が「良い経営者」になるのです。 アイデアばかりで利益がなければ、会社は経営できません。

○未来は作るもの

会社の将来を予測しようと、市場の状態や売り上げのデータなどに集中しすぎる方がいらっしゃいます。 しかし、いくら予測を立てようともそのように進むとは限りません。

大切なのは、未来へ向かってアクションを起こすこと、つまりは未来を作ろうとすることです。 一歩一歩でも、確実に目標に向かって作り上げていこうという気持ちを忘れずに持つようにしましょう。

この3つの心得を忘れずに、会社を作り上げていきましょう。

ページの先頭へ 



『会社設立なんでもサポート』は、東京の飯田橋、神田、秋葉原を中心とした会社設立のサポートを行っております。

会社設立に欠かせない、税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士たちすべてからのフォローアップ体制が整っており、迅速で丁寧なサポートをお約束いたします。

東京で会社設立をお考えの方は、お気軽にお問い合わせください。