• ホーム
  • 役員変更登記手続きについて
 


役員変更登記手続きについて

会社設立後に発生する登記手続きで最も多いのが、役員変更によって発生する登記手続きです。

会社設立には会社役員の選任が必要となり、株式会社の場合は代表取締役、取締役、監査役が必要となっています。

役員変更登記手続きとは?

株式会社の役員には任期というものがあり、任期が満了した際には変更登記を行います。
役員変更登記手続きは、役員に変更があった日から2週間以内に行う必要があります。

役員変更時に注意すべき点

役員変更登記手続きが必要とされる局面は、役員の就任、辞任、退任、重任など様々です。株式会社において、役員の人数が多いと役員変更登記手続きを行う回数も多くなります。
株式会社の役員の氏名や代表取締役の住所に変更があった場合にも役員変更登記手続きを行います。

女性の会社役員が増え続けている近年、結婚で氏名が変わる、引越しで住所が変更することも少なくはありませんので、手続きを忘れないよう注意しましょう。

また、役員が死亡した際にも早急な手続きが必要です。死亡した場合、死亡による役員変更登記申請書を死亡後2週間以内に法務局に提出しますが、この際、死亡を証明する書面を添付する必要があります。

この他にも注意すべき点はいろいろありますが手続きを早急に進めることで、お客様への信頼にも繋がります。

ページの先頭へ 



役員変更登記手続きが必要な場面は様々ですので、滞りなくスムーズに手続きを行うためにも司法書士などプロである専門家に相談すると良いでしょう。

司法書士、税理士、行政書士、社会保険労務士が揃っている『会社設立なんでもサポート』は、秋葉原のある千代田区の会社設立を応援します。