商号の基本ルール

会社設立する際、会社名である商号が必ず必要になります。 会社設立する上で、会社名はこだわりたい部分でもあるため、多くの経営者が悩む部分でもあります。 商号を決めるには一定の制約がありますので、そのルールを守って商号を決めていきます。

法律上では会社名のことを商号といい、登記するには基本のルールから知っておきましょう。 こだわりすぎた商号は、取引先などのお客様が覚えにくい、間違える可能性もありますので注意しましょう。

使用可能な文字

使用できる文字は、漢字・ひらがな・カタカナ・ローマ字・アラビア数字になります。

使用可能な記号

下記の記号のみ使用可能ですが使用する場合、文字を区切るときにだけ使用することができます。 スペースも同様に文字を区切るときにだけ使用可能です。
アンパサンド(&) 、アポストロフィー(’)、コンマ(,)、ハイフン(-)、ピリオド(.)、中点(・)

会社の形態を商号に必ず含める

会社の種類に従い商号には必ず、「株式会社」や「合同会社」など会社の形態を含めなければなりません。 前株、後株、中株のどちらでも使用することは可能ですが、会社名の前後どちらかの前株、後株を使用すると良いでしょう。
例→ 前株「株式会社○」、後株「○株式会社」、中株「○株式会社○」

使用が禁止されている文字

文字によって法律で禁止されている文字がありますので注意しましょう。銀行・学校・保険・建築士などは法律で禁止されています。会社の一部門を示す支社・支店・支部出張所・○部なども使用できませんが、単体で独立している代理店・特約店などは商号として使用可能です。

その他にも、他社と誤認されるような有名企業の名称、公序良俗に反する文字なども使用することはできません。

ページの先頭へ 



商号にはこのように細かいルールがありますので、会社名を決める際には注意してください。

千代田区の秋葉原や神田、飯田橋エリアで会社設立のことなら『会社設立なんでもサポート』にお任せください。