会社設立支援の専門家

税理士 山田拓治

所属事務所 山田拓治税理士事務所
所在地 東京都千代田区神田佐久間河岸84番地 サンユウビル2階
ホームページ http://www.ty-tax.com

起業家のみなさまへ

 

会社にとって税理士は必要だと思いますか?起業家の方々は、どのタイミングで税理士に相談すべきだと思いますか?税理士に相談することをためらって損をしていませんか?

これから起業しようと考えている方は、ためらうことなく税理士に相談してください。起業後では間に合わない税金対策がたくさんあります。税金対策をしなかったことで、いろいろな苦労をされている経営者がいるのです。

例えば、資本金の金額を決定する際、会社設立のための自己資金をしっかり準備している方は、そのすべてを資本金としてしまいがちです。資本金が大きいことが会社にとって良いことばかりかというと、実はそうではありません。資本金の金額によっては税金が増えてしまう可能性があります。一方、資本金1円で会社を設立しようと考えている方は、設立後すぐに資金繰りで悩まれることになるでしょう。

また、会社の役員ついて、起業時のメンバーを全員取締役にする方がいます。お互いの立場を尊重するという意味では良いかもしれませんが、節税の観点からみると、後々問題が生じることがあるのです。

会社を設立するまでには、資本金や役員だけでなく、その他いろいろなことを決めなければなりません。当然、税金のことだけを考えて決めるのではなく、税理士以外の専門家の意見も聞き、総合的に判断する必要があります。

起業家のサポートをする専門家としては、税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士などが挙げられますが、現状ではこれらの専門家がそれぞれの分野で個別に関わるケースが多く、起業家を混乱させる一因となっています。そこで、私たちは各専門家の連携を密にすることで、すべての専門家が一体となって起業家の方々をサポートできる体制の構築を実現しました。

これから起業する方、そして起業後の方に対しても、充実したサポート体制で対応させていただきます。ぜひ私たちのワンストップサービスを実感してみてください。

 

社会保険労務士 菊池正典

所属事務所 M&A社会保険労務士事務所
所在地 東京都千代田区神田神保町1-38 クリスタルビル4F
ホームページ http://www.m-and-a-sharoshi.jp/

起業家のみなさまへ

 

社会保険労務士って何するの?保険屋さん?とよく言われます。社会保険労務士は入社から退職までの労働・社会保険に関する手続きや給与計算、労務相談、助成金申請等、多岐にわたって会社のサポートをしています。

ほとんどの起業家は会社を設立し、どんどん会社を大きくしていきたいと思っていますよね?そのためにはどうしてもヒトを雇用していかなければなりません。そしてヒトを雇用するには色々な手続きが必要です。雇用契約書、出勤簿、労働者名簿の作成、社会保険・労働保険の手続き、給与計算等、今まで気にかけていなかった部分が数多く出てきます。「会社を立ち上げたばかりだから、そんなものは全然やってないよ!」という社長がいます。社長はいいかもしれませんが、社員はどうでしょう?せっかく一緒に働いてくれるのに、管理や待遇がしっかりしていない。最初は社員も我慢していますが、結局辞めていくケースを何度も見てきました。しかも最後には解雇問題へと発展していく場合もあります。

社長には本来の業務があります。本来の業務にストレスなく打ち込めるよう社会保険労務士が会社の総務となって、社員に気持ちよく働いてもらう環境作りを行います。

また、その他にも助成金制度というものがあります。会社を設立してヒトを雇用すると、助成金がもらえるって知っていましたか?申請期間に制限があるので、もらえるはずの助成金をもらえなかったと後悔される社長を多く見かけます。助成金の申請も社会保険労務士の仕事です。特に助成金の申請は書類が煩雑になりますので、経営者にとってとても煩わしい作業となります。ご相談頂ければ取りこぼしのないようにサポート致します。

4つの士業(税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士)が集まることにより、様々な角度から経営アドバイスが可能となりました。もちろん、個々の士業のみでの対応もOKです。うまく私達を活用して頂いて、会社の発展を目指して下さい。そして何十年後かに起業して本当に良かったと思えるよう、一緒に会社を築いていきましょう!

自信を持ってサポート致します!ぜひこの機会に私達のワンストップサービスを体験して下さい。まずはご相談からお待ちしております。

 

社会保険労務士 菊池正典

司法書士 塩沢哲也

所属事務所 しおざわ司法書士事務所
所在地 東京都千代田区三番町30-8 第2生光ビル303
ホームページ http://www.ds-office.jp

起業家のみなさまへ

 

起業して会社を作りたい!と思ったときに、避けては通れないのが会社設立の登記手続です。登記手続とは、簡単に言うと会社という「器」を作る手続です。会社のルールブックとでも言うべき定款の作成に始まり、公証役場での定款認証、出資金の払い込み、その他諸々の書類を準備して登記申請が受理されると、やっと会社という「器」が完成します。その一連の手続をサポートさせていただくのが司法書士の役目です。

起業家の中には、「登記手続なんてインターネットとか本とかで調べれば自分で出来るよ」と考えている方もいらっしゃるようです。本当にそれで問題はないのでしょうか?専門家に依頼しなくても会社という「器」を作ることはできるかも知れません。しかし、専門的な知識がないために欠陥だらけのいびつな「器」が出来上がってしまう可能性もあります。それを後から修正するには時間も費用もかかるでしょう。

どのような会社を設立したいのか、それによって押さえるべきツボが異なります。例えば、一人で起業するケースもあれば、何名かで会社を立ち上げるケースもあります。発起人の出資比率はどうすべきか。役員構成はどうすべきか。会社の事業目的はどのように記載すべきか。司法書士が起業家ひとりひとりの実情に合わせたご提案をいたします。

また、会社が大きくなればそれに応じて大きな「器」に作りかえる必要がでてくるかも知れません。会社所在地を移転したり、役員を増やしたり、資本金を増やしたり、そんな時にも司法書士が適切にアドバイスしお手伝いさせていただきます。

会社は、設立の登記申請をすることによって成立します。登記手続を通じて記念すべき会社誕生の瞬間に立ち会いたい、そう願っています。

私たち会社設立支援チームの最大の強みは、税理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士という専門家が連携して、起業家のみなさまをトータルサポートできるところです。単に窓口が一つという意味でのワンストップサービスにとどまらず、各分野の専門家がチームを組むことによって質の高いサービスを提供いたします。起業家のみなさまの頼れるパートナーとしてサポートいたします。ぜひご相談ください。

 

司法書士 塩沢哲也

行政書士 浅井順

所属事務所 行政書士浅井事務所
所在地 東京都豊島区東池袋1-33-3 池袋シティーハイツ508
ホームページ http://asai-office.jp/

起業家のみなさまへ

 

会社にとって税理士は必要だと思いますか?起業家の方々は、どのタイミングで税理士に相談すべきだと思いますか?税理士に相談することをためらって損をしていませんか?

これから起業しようと考えている方は、ためらうことなく税理士に相談してください。起業後では間に合わない税金対策がたくさんあります。税金対策をしなかったことで、いろいろな苦労をされている経営者がいるのです。

例えば、資本金の金額を決定する際、会社設立のための自己資金をしっかり準備している方は、そのすべてを資本金としてしまいがちです。資本金が大きいことが会社にとって良いことばかりかというと、実はそうではありません。資本金の金額によっては税金が増えてしまう可能性があります。一方、資本金1円で会社を設立しようと考えている方は、設立後すぐに資金繰りで悩まれることになるでしょう。

また、会社の役員ついて、起業時のメンバーを全員取締役にする方がいます。お互いの立場を尊重するという意味では良いかもしれませんが、節税の観点からみると、後々問題が生じることがあるのです。

会社を設立するまでには、資本金や役員だけでなく、その他いろいろなことを決めなければなりません。当然、税金のことだけを考えて決めるのではなく、税理士以外の専門家の意見も聞き、総合的に判断する必要があります。

起業家のサポートをする専門家としては、税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士などが挙げられますが、現状ではこれらの専門家がそれぞれの分野で個別に関わるケースが多く、起業家を混乱させる一因となっています。そこで、私たちは各専門家の連携を密にすることで、すべての専門家が一体となって起業家の方々をサポートできる体制の構築を実現しました。

これから起業する方、そして起業後の方に対しても、充実したサポート体制で対応させていただきます。ぜひ私たちのワンストップサービスを実感してみてください。

 

行政書士 浅井順