年末調整の手続き

あけましておめでとうございます。
今年も『会社設立なんでもサポート』では、
起業家の方々を様々な面でサポートしていきます。

お困りのことがありましたらご連絡ください。
ご相談はいつでもお待ちしております!

さて、会社で給与を支給している場合は、
毎年必ず年末調整の手続きをしなければなりません。

令和2年度の年末調整については、
多くの変更点がありました。

1月に入りましたので、
既に年末調整の手続きを終えている会社が多いと思いますが、
年末調整の担当者は、
変更内容をしっかりと把握しておきましょう。

まず、前回と比較して変更となった点は、
提出用紙の様式です。

令和元年の年末調整にはなかった、
基礎控除額を減額する制度や、
所得金額調整控除の制度などが創設され、
これらの制度に合わせた様式となりました。

従業員の方々は、
記載する際に迷われることもあると思います。
正確な書類を提出してもらうために、
従業員へのサポートもしっかりと行いましょう。

また、年末調整手続きの電子化も、
今回の注目点です。

まだ電子化に対応できていない保険会社等があるため、
完全な電子化はできないかもしれませんが、
会社側でどのように進めるか事前に検討し、
メリットやデメリットを把握した上で、
みなさんの会社にとって最適な方法で進めてください。

年末調整は従業員ひとりひとりにとっても、
重要な手続きです。

年末調整の担当者と従業員が協力して、
正確かつ丁寧に手続きを行っていただければと思います。