会社設立時は最初にどの専門家に相談すべきか

会社設立に関わる専門家を調べると、
いろいろな専門家が登場します。

司法書士、行政書士、
税理士、社会保険労務士が
主なところでしょう。

『会社設立なんでもサポート』では、
これらの専門家が、
それぞれの分野でサポートをさせていただきますが、
個別に連絡する場合、
誰から相談すべきか迷うところです。

基本的に、
どの専門家に相談しても、
その他の専門家のサポートを受けられると思いますが、
相談のタイミングが遅れることで損をすることも考えられます。

例えば最初に司法書士に相談をし、
会社の登記が完了してから、
税理士に相談すると、
会社設立時の節税ができなくなることがあります。

よって、司法書士に登記をしてもらう前に、
税理士とも話し合わなければなりません。

また、社会保険労務士への相談も、
早いほうが良いでしょう。

従業員を雇用する場合の助成金がある場合、
雇用する前に手続きが必要なケースがあります。

やはり社会保険労務士にも
実際に事業を始める前に話を聞いておくべきでしょう。

一方、司法書士や行政書士が
後回しでよいかというと
そのようなことはありません。

許認可が必要な事業にも関わらず、
許認可を受けずに事業を始めると問題です。

司法書士に登記のためには何が必要かを聞かなければ、
準備が遅れてしまうこともあるでしょう。

会社の設立の際は、
これらすべての専門家と、
一度相談してから設立準備を始めるのが
一番良いのではないでしょうか。

しっかり情報収集をして、
万全の態勢で会社設立にのぞみましょう。