青色申告の特典

今回は、
青色申告についてお伝えしていきます。

まず、会社を設立する際に、
「青色申告書の承認申請書」
提出しているでしょうか。

この青色申告書の承認申請書を
提出することで、
会社の税金を減額する、
様々な制度が利用できることになります。

例えば、
従業員の給与を増額させた際や、
一定の資産を購入した際に、
税金を減額することのできる、
税額控除の制度や、
30万円未満の減価償却資産を購入した際に、
全額を費用とすることのできる制度など、
多くの制度が利用可能となります。

会社を設立した頃に、
よく利用される制度としては、
欠損金の繰越控除の制度があります。

この制度は、
もし業績が赤字となった場合、
赤字の金額を繰越欠損金として繰り越し、
その後の黒字の金額と相殺することのできる制度です。

第1期に300万円の赤字、
第2期に500万円の黒字の場合、
第2期の税金は、
500万円に対して計算されるのではなく、
第1期の300万円と相殺し、
残りの200万円に対して計算することができるのです。

この赤字、黒字の金額は、
会計上の利益ではなく、
税務上の利益である所得金額というものになりますが、
大きな申告調整項目がない場合は、
税引前の当期利益とほぼ同額です。

いずれにしても、
将来の節税につながる制度ですので、
ぜひ利用してください。

会社設立の際は、
青色申告の特典を受けるために、
青色申告書の承認申請書を
忘れずに提出しましょう。