創業融資について

会社を設立する際に、
借入を検討している方もいるでしょう。

設立と同時に
借入を申請することは難しいと
考えている起業家の方がいますが、
そんなことはありません。

そのような方のための融資制度が
「創業融資制度」です。

ここで、
「起業家用の融資度があるのであれば安心!」と
気を抜いてはいけません。

事業計画が不明確であったり、
資金の用途があいまいであったり、
希望額の根拠をしっかり説明できない場合は、
どこに依頼しても受け付けてはくれません。

創業融資の相談をする前に、
まずは事業計画を明確にし、
損益の見込みを試算してみてください。

その上で、
何のためにいくら必要なのか、
担当者にしっかりと説明できるように準備しましょう。

融資の相談をしたときに、
何も答えられない経営者は、
貸したお金を滞りなく返済してもらえるという信頼は
得られません。

本業とは関係ない、興味ないと思われるかもしれませんが、
事業を営むためには、
会社の資金の状況を把握することは絶対に必要です。

設立の際の自己資金の金額を踏まえ、
融資を受けることが必要なのかどうか、
考えてみてください。