復興特別法人税の1年前倒し廃止

東日本大震災の復興のために、
法人税に他に、
「復興特別法人税」という税金を、
会社は国に納付することになりました。

この復興特別法人税は、
平成24年4月1日から平成27年3月31日までの間に、
最初に開始する事業年度から
3年を経過する日までの期間内の日の属する事業年度に
課されることとなっていました。

これが、
平成26年度の税制改正により、
1年前倒しで廃止されることとなりました。

よって、
平成24年4月1日から平成26年3月31日までの間に、
最初に開始する事業年度から
2年を経過する日までの期間内の日の属する事業年度

課されることとなったのです。

上記と比較すると、
「平成27年」が「平成26年」に変更され、
「3年」が「2年」に変更されているのが分かりますか?

ちなみに、
個人の所得税に関する、
「復興特別所得税」は、
前倒しになることはなく、
平成49年まで課されますのでお間違えなく!