創立費と開業費

「会社を設立する前に発生する経費は、
個人のポケットマネーで負担しなければならないのでしょうか。」

というご質問を受けることがあります。

会社のために必要な経費は、
当然会社の経費とすることができるので、
ご安心ください。

設立前の経費として挙げられるのが、
「創立費」です。

創立費とは、
設立登記のための費用や、
オフィスを借りるための初期費用など、
会社を作るために発生するものをいいます。

また、会社を設立してから、
会社の業務を開始する前までに発生する費用を、
「開業費」といいますが、
この開業費も会社の経費となります。

開業費に該当する費用とは、
業務を開始する前の賃借料や、
備品代、水道光熱費などがあります。

大切なことは、
「請求書やレシートは捨てないこと」です。

会社の経費になるかどうかわからないものでも、
とりあえず保管しておきましょう。

会社を設立した後に、
顧問契約した税理士に、
会社の経費となるかどうかを確認してもらえば、
しっかり区分けしてもらえるはずです。

少しでも個人の負担をなくし、
会社の節税をはかるために、
会社設立前、開業前の経費は、
把握できる状況にしておくようにしてください。