節税と脱税

さて、今回は『節税』がテーマです。

いろんな方に「節税」ってなんでしょうかと聞くと、
多くの方が「税金を安くすること」とか「支払う税金を少なくすること」
と答えてくれます。

確かに間違ってはいないのですが、
世の中には税金を払いたくないという意識が強すぎて、
悪いことをしてまで税金逃れをしてしまう人もいます。

たまに新聞で「巨額脱税」とか「脱税疑惑」とかいわれて、
大きく扱われたりしていますよね。
そういう人のことです。

では、「節税」「脱税」
具体的にどこが違うのでしょうか。

簡単に言うと、「節税」とは法律のルール内で税金を少なくすることです。
一方「脱税」は嘘をついたり、隠し事をしたりして、
法律のルールをやぶって税金を少なくすることです。

会社が脱税をして発覚した場合は、
加算税や延滞税などの重いペナルティーが課されるとともに、
社会的信用も失ってしまいます。
決してそのようなことはしないでくださいね。

「脱税」はだめですが、
「節税」はまったく問題ありません。
どんどんやりましょう!

ただ、気をつけなければならないのは、
「節税」にも「良い節税」と「悪い節税」があるということです。
「節税」だけを考えていると、
それによってどのような影響があるかを忘れがちです。

もし節税に関する経験がない場合は、
必ず、専門家に相談しながら進めていきましょう。