介護事業所、障害福祉サービス事業所の業務継続計画(BCP計画)の作成について

こんにちは。行政書士の浅井です。

令和3年4月の改正をふまえて、業務継続計画(BCP計画)の作成を進めようと考えている事業所様も多いと思います。

令和6年3月まで緩和措置もありますが、自然災害や感染症のことを考えると早めに着手したほうが良いと思います。

ただ、作成するにあたってどのように進めていけばよいのか、マニュアルはないのか?、膨大な量になるのではないか?など心配も多いと思います。

私もいろいろと調べてみたのですが、情報がたくさんあって何からやればいいのか分からなくなりがちです。

そこで私がお勧めしたいのは、厚生労働省の方で作っている研修動画とマニュアルです。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/douga_00002.html

こちらはとてもよく分かりやすくて、短い動画をいくつか見ていくことで、作成の流れと進め方がよく分かります。

流れとしては、
まずは業務継続計画の作成と訓練等行う担当者を決めます。議論しながら作れるとなおよいので、できれば複数名にするとよいと思います。
マニュアルやひな形、研修動画の資料を印刷して手元に用意します。
その印刷した資料を見ながら動画を確認。動画の流れに沿って計画書を作成します。
業務継続計画書を使って、定期的に訓練を行います。
最初に出来上がった業務継続計画は机上のもので作ったもののため、訓練を行うことで、課題や修正点が浮かんでくると思うので、随時業務継続計画をブラッシュアップし、職員全体の会議で周知、そこで意見をもらってまたブラッシュアップしていく、を繰り返す。

上記の流れで進めていくとよいと思います。

以上、参考になりましたら幸いです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。