通所介護事業において3月末までに行うべきこと

こんにちは。行政書士の浅井です。


4月からの法改正をふまえて、通所介護事業所において3月中に
行うべきことをまとめましたので、お伝えします。


1.料金に変更がある場合、料金表を作成し、利用者から同意をもらう。

2.報酬区分に変更があり、かつサービス提供時間にも変更がある場合には、変更届。
運営規程では報酬区分の変更については記載がないため、サービス提供時間に
変更がなければ届出は不要。

3.職員に変更があれば、変更届。

4.規模別報酬区分計算表で計算をして、規模が通常型か大規模型になるかなどを計算し、
変更があれば届出をし、変更がなくても計算資料は保存、保管をしておくこと。

5.前年度の実績に応じて加算がつくものについては、前年度の数字を計算をして、
加算該当するもの、非該当になるものについては体制届出書及び体制一覧表の届出。

6.共生型サービスの申請をする場合にはその指定申請を行う。
ただし、3月21日現在東京都以外はまだ情報が出ていない。


上記についてのご相談は無料ですので、ご準備など不安な場合は、ぜひお気軽に
お問い合わせください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。