通所施設における衛生管理の注意点

こんにちは。行政書士の浅井です。

今日は、実地調査のときに見られる衛生面の注意点をお伝えします。

実地調査が行われる際に、まず役所の担当者が来て確認するのは、
事業所内を見て回ることです。

この時、もちろん清掃をしっかり行ってきれいにしておくことはもちろんですが、見られるポイントをこれまで経験したなかで気づいたことを書きたいと思います。

書類としては、感染症予防マニュアルを作成してこと。

それから以下のものが準備できているかご確認ください。

1感染症が流行る時期に研修を行って記録を残してください。
研修の様子を写真でとっておくと、実地指導時に活用できます。

2服薬管理の状況、消毒用品、洗剤、刃物の収納状況確認します。

3消毒液の設置状況確認します。

4トイレでの紙ナプキンの使用を確認します。

5リネン庫に清潔なリネン以外を置いてないか確認します。

6汚れ物や汚物の処理や保管をどうしているか確認します。

7清掃状況を確認します。

8消毒液の設置状況確認します。

9使い捨てマスク、使い捨て手袋、使い捨ての布、ビニールエプロンの設置確認します。

とにかく印象をよくするポイントは、清潔にしているかが重要です。

実地調査が決まったら、清掃を行うだけでずいぶん印象が良くなりますので、ぜひ行うようにしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。