創立費と開業費

会社を設立する際、
実際に事業を開始するまでの間に
創立費や開業費といった費用が発生します。

創立費とは、
会社設立のための登記費用など、
会社を立ち上げるための費用のことをいいます。

また、開業費とは、
会社設立後、
実際に開業するまでの間に、
開業準備等で発生する費用のことです。

税金のルールにおいて、
これらの費用は、
発生した際に費用としてもよいことになっています。

会計上のルールの取り扱いもありますので、
開業費や創立費の処理をどうするか、
損益の状況も踏まえながら、
税理士等の専門家に相談されてはいかがでしょうか。