毎年1月に行うべき手続き

あけましておめでとうございます!

令和になって初めての新年を迎えました。
今年も『会社設立なんでもサポート』のスタッフ一同、
しっりと起業家の皆様をサポートさせていただきます。

会社設立について、
何かお困りのことがありましたら、
いつでもご相談ください。

さて、毎年1月は、
会社が必ず行うべき手続きがあります。

そのうちの一つが、
「法定調書合計表」の提出です。

会社の決算に関係なく、
昨年の1月から12月の間の給与や報酬等について、
税務署へ報告する書類になります。

また、「償却資産申告書」の提出もあります。

1月1日現在に所有している償却資産のリストを
1月末までに提出するものです。

都税事務所等から、
昨年の内容と変更がない場合は、
提出を省略してもよいとの通知が届いた場合を除き、
該当する資産がない場合も提出が必要です。

更に、源泉所得税の納付も1月です。

毎月納付している会社だけでなく、
特例を適用し、
半年に1度納付している会社も、
1月は納付の時期です。

新年を迎え、
いろいろと忙しい時期だと思いますが、
会社の様々な手続きも、
忘れないように行ってください。